認識論と社会学

常に私は人間の行動に関心を持っていました。この結果、周囲に存在する様々な関係を感じ取り観察と分析を幼い頃から行っていました。組織化された社会の影響は明白であるため、私は同時に全般的な幸福への望みのために影響の根源と発展を認知する必要がありました。現在行っている活動のモチベーションは明確で、調和的な共生主義を推進し、その原動力に携わっている社会制度への奥深い興味によるものです。現代世界とアクティブな関係でいる為に必要不可欠な哲学が、社会を見通し、理解することです。学校で集めた大幅の知性は不要で、自らの実体験で得た感覚により学びました。 異なる場所や特別な人、食、動物、音楽との接触によって、色々な鮮やかさや強度の感触が私の中に後を残しました。途端にこの非物質的な知恵を自分の選択肢の整理に応用し始めました。
 

従って、私の人生のベースと言える見解は、全ての生物は視覚可能なエネルギー領域を発っている事です。他人と比べて、これを察知できる敏感な人が存在するけども、この才能を明確に理解していない傾向がほとんどと気づきました。それ以来、青年期を迎えたと同時に、二問の疑問が浮上しました。

・この現象をどう科学的に証明できるのだろう?

・科学的に証明すべきなのか?

私は科学者として、常に精密な解説を好み、重視してきました。しかし、出会った多くの科学者は、総合的に存在する相対な世界の原理と比較すると、私たちは無知であると謙虚に認めました。
 

現代物理学と生物学を使えば、確かに生物の生態や構造の基礎的なつながりについて大体の解説が出来ます。人類の中心には社会の法則と現代医学があり、これが結果的に世界と私たちを種別化するのです。だが、人間は生物学と解剖学を使い自己を定義するだけでなく、心理的、社交的、精神的な面も含めた上で条項できます。全面的に発生している不一致の結果と影響を理解することが、病気の治療法と根源を探る故に不可欠で、苦痛を緩和します。
 

現在の科学総意をいくら用いても、一度に生き物を総括的に学ぶことには無理があります。この時点では、私たち一人ひとりが選択をしなければいけません。徹底的に検証された選択に頼るか、又は未知なるコンセプトの領域を受け入れるか。直感と実体感覚を頼りにして、これを認め繰り返し行う事が効果的な作用を生みます。
 

生物は単に周波情報の塊で、理解しアクセスするれば表明出来ると私の仕事上では言い切れません。このエネルギー領域には過去と未来の情報が秘められているのです。私の実体験により付け加えたい真相は、人生で起きた出来事全てが記録される事実です。
 

分析力、表現力、察力、解決策を勧める手順を鍛錬し、唯一の認識論を基盤に読み取りをします。
 

事実と私の診察を照らし合わせる為、正確に情報を収集し、分析します。裏付けが重なりあうと同時に解説者としての自分の役割を徐々に受け入れました。
 

今日に至るまで四百名以上を診察してきましたが、半分を超える人々が病に苦しむ患者たちでした。豊富なデータベースを蓄え、それぞれを適切に応用すると同時に、記録を大切に保管しています。社会学的に言えば、以下の影響で興味深い内容の情報を収集しました。

・家族や集団の設定

・民族関係

・環境

・教育

・宗教

・物質的価値観

・名前

・数字

・誕生日

・依存症

・性生活

・栄養

・メディア

・音楽と美術

・呼吸法

など

 

人生を通しての長期調査のたった始まりである、まだ数少ない例です。

  • Facebook Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now